カルトワインズ社 会社概要
カルトワインズはオルタナティブ投資の資産クラスとしてワインに着目し、2007年、トム・ギアリングと フィル・ギアリングにより英国で創業されました。ロンドン、ニューヨーク、トロント、シンガポール、 香港、上海にオフィスを構えます。 本ページは英企業カルトワインズ(https://www.cultwines.com)の日本語公式サイトです。
カルトワインインデックス当該期間リターンCAGR
2022年10月-12月0.25%-
1 Year 2022年1月-2022年12月12.77%-
3 Year 2020年1月-2022年12月38.42%11.45%
5 Year 2018年1月-2022年12月45.79%7.83%
伝統的資産クラスとの比較2022年 Q4収益
S&P 500+7.56%
米国債券 iShares7-10y Treasury bond index-0.22%
NASDAQ-0.79%
Gold (USD/oz)+9.93%

Part2 – 地域別の展望: ブルゴーニュとシャンパーニュワインは今後輝き続けることができるのか?

世界の高級ワイン市場は、COVID-19の発生に伴う外部環境の中、素晴らしい上昇を遂げている。2020年4月以降、カルトワインズの高級ワイン投資に対する指標であるCult Wines Global Indexは+41.5%となっている。しかし、Cult Wines Burgundy Indexがこの期間に67.9%上昇したのに対し、Cult Wines Bordeaux Indexは19.7%の上昇と控えめで、地域によって結果にばらつきがある。

2022年の年初来パフォーマンスも様々であり、地域別配分を考えることが重要だ。以上の事から、地域別の市場を分析することは重要であり、ここでは2023年の各地域の見通しを検討する。

ボルドーワイン – Cult Winesボルドー指数 2022年: +5.6%

  • 2021年にリリースされたEPの品質がまちまちで、リリース価格も高かったため、この1年のパフォーマンスの上昇には限界が見えた。
  • 今春の2022年アン・プリムール(EP)が再び重要な焦点となる可能性が高い。収穫期の報告によると、品質は暖かく乾燥した気候のおかげで、2022年ヴィンテージにとって非常にポジティブの予想が見込まれている。しかし、夏の気候が芳しくなかったため、トップワインの供給量は再び低くなる可能性がある。
  • EPリリース価格は、地域市場の方向性を決定づける。2021年産の評価はまちまちで、インフレという厳しい経済状況を考えると、生産者がバックヴィンテージの価格を市場よりも高く設定する可能性があり、買い手はしっかりとした現在価値の分析が必要とされる。

ブルゴーニュCult Wines ブルゴーニュワイン指数 2022年:+30.3%。

  • Cult Wines Regional Indicesによると、2022年(11月末時点)に最も価格が上昇したのはブルゴーニュワイン出会った。
  • ブルゴーニュの希少なトップワインに対する需要は、年後半に値上がりのペースが緩和されたとはいえ、マーケットを賑わせている。
  • 今後、市場全体のペースは引き続き緩和される可能性がある。新しい 2021 年のワインは品質がまちまちで、数量も平均より50%~80%少ないため、投資先の選定には選定眼と分析が必要。
  • 生産者が量の減少を補うために価格の引き上げを過度に推し進めれば、いくつかの新酒の今後のパフォーマンスの可能性は見込みが薄くなる。

シャンパーニュ – Cult Winesシャンパーニュ指数 2022年: +18.6

  • シャンパーニュは、ブルゴーニュ次にカルト・ワインズの地域別インデックスの中で最大の上昇率(2022年11月末時点)を記録した。
  • 2年間続いた価格上昇の後、シャンパーニュはピークに達したと見る人もいるかもしれませんが、ペースが緩んでも、なだらかな上昇傾向は続くと我々は考えている。
  • 最高級ヴィンテージのシャンパーニュは、引き続き需給の不均衡が顕著であり、厳しい経済状況にもかかわらず、価格の上昇傾向が続くと思われる。
  • シャンパーニュは、高級酒としての地位を確立しているため、様々な購買層からの需要があり、熟成期間と価格には強い相関関係が見られる。

【図1 シャンパーニュがもたらす時間的報酬】
厳選された生産者のオールドヴィンテージとニューヴィンテージの価格比較

出典: 2022年12月1日時点のWine Searcherの価格設定データ。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。
  • シャンパーニュの需要は、依然としてヨーロッパと北米に集中している。潜在的に巨大な市場であるアジアはまだ比較的未開拓であり、長期的にはさらに需要が増える可能性があることを示している。

ローヌ – Cult Wines ローヌワイン指数2022年: +9.5%

  • 歴史的にローヌは、景気後退期にも健全な利益を一貫して提供し、そのワインのリターンの可能性が他のワインより低くても、現在の環境では安全な選択肢となり得る。
  • ローヌワインは米国で強い支持を得ている。米ドルの相対的な強さは、今後1年間、ローヌのパフォーマンスポテンシャルに追い風となる可能性がある。

イタリア – Cult Wines イタリアワイン指数2022年 +8.2%

  • イタリアワインは2023年大幅安定した上昇を見せたが、この地域のワインの多くは、今後1年間でさらなる可能性を秘めていると考えている。
  • イタリアワインは、他の地域の多くの最高級ファインワインと比較すると、比較的手の届きやすい価格で優れた品質を提供している。価格の上昇により市場が選別されるようになると、多くのイタリアワインはより広い市場を上回るパフォーマンスを発揮する可能性がある。
  • 産地市場もまた、新しいリリースによって盛り上がるかもしれない。バローロ2019年ヴィンテージは2023年の早い時期に市場に出回るが、この1年間にリリースされた2018年物よりも良いとされている。また、好調と言われる2020年ヴィンテージのトスカーナも、年内にいくつかリリースされる予定だ。ブルゴーニュの新酒が不足する中、バイヤーの注目はいつも以上にイタリアワインに集まる可能性が高い。

【図2 イタリアの相対価値】
代表的なスーパータスカンとその他ボルドーブレンドの価格と点数

出典 2022年11月30日時点のWine Searcherの価格データ。スコアはVinous Mediaより

アメリカ – Cult Wines USA指数+13.0%

  • Cult Wines US Indexは、2022年の残り1ヶ月の時点で地域別インデックスのパフォーマンスの中で3位に位置している。
  • 米国の象徴的なワインは、アジアのバイヤーの間でより大きな市場シェアを獲得している。このような需要増と希少性がパフォーマンスを押し上げる要因となる。
  • 近年、山火事や煙害の被害により、数量が減少している。レルム、コンティニュアム、スケアクロウなど、2020年のワインをリリースしないことを表明している生産者もいる。そのため、他のヴィンテージに需要が向かう可能性がある。
  • また、ナパのトップメーカーの価格が高いことから、ロシアン・リヴァー・ヴァレーやサンタ・リタ・ヒルズなど他のカリフォルニアのAVAや、さらに北のオレゴンやワシントン州にもバイヤーの目が向けられるようになるだろうと思われる。

その他の地域 – Cult Wines その他指数: +9.4%

  • その他の世界のワインの見通し。
  • この市場はあまり確立されていないため、ボラティリティーが高まる可能性が考えられるが、主要な高級ワイン産地のマクロ的な背景と高価格により、注目が新進気鋭のワイン生産者に移る可能性がある。
  • フランスやイタリアのワインよりも低価格で最高品質を提供する特定のワインは、低リスクに運用できる可能性が高い。最高品質のリオハ ワインとリベラ デル ドゥエロ ワインが特に注目されている。 Remirez de Ganuza や Telmo Rodriguez などの名前は、主要な国際的な評論家やワイン プレスからの注目を集めている。

タイトルとURLをコピーしました