カルトワインズ社 会社概要
カルトワインズはオルタナティブ投資の資産クラスとしてワインに着目し、2007年、トム・ギアリングと フィル・ギアリングにより英国で創業されました。ロンドン、ニューヨーク、トロント、シンガポール、 香港、上海にオフィスを構えます。 本ページは英企業カルトワインズ(https://www.cultwines.com)の日本語公式サイトです。
カルトワインインデックス当該期間リターンCAGR
2022年10月-12月0.25%-
1 Year 2022年1月-2022年12月12.77%-
3 Year 2020年1月-2022年12月38.42%11.45%
5 Year 2018年1月-2022年12月45.79%7.83%
伝統的資産クラスとの比較2022年 Q4収益
S&P 500+7.56%
米国債券 iShares7-10y Treasury bond index-0.22%
NASDAQ-0.79%
Gold (USD/oz)+9.93%

Part3 – 高級ワインに影響を与える重要なテーマ

世界の高級ワイン市場は岐路に立っている。投資先や、販路を提供するインフラの向上により、拡大するグローバルワイン市場に多くのバイヤーが結集している。その1では高級ワイン市場のマクロ的な見通しを詳述し、その2で高級ワイン市場の地域別展望を詳しく説明した。ここでは、2023 年以降の高級ワイン市場に影響を与えると予想される、重要なテーマを考察する。

重要テーマ1:高級ワイン市場の多様化

高級ワイン市場の多様化は、今後 1 年間でより大きな役割を果たすだろう。 10 年前、ボルドーの市場シェアは他を圧倒していたが、現在ではブルゴーニュ、シャンパーニュ、ピエモンテ、トスカーナも自らを高級ワインの中核産地と呼称するほど多様化が進んだ。カリフォルニアやその他の新世界の地域も、投資適格ワインの増加に貢献している。

現在、市場の拡大の次波が観測されている。これは、買い手と売り手をつなぐテクノロジーの向上によって促進されている。これにより、市場の需要がより多くのワインに波及している。新興地域の特定のワインが高級ワインとして広く認知されるようになると、価格上昇が加速する可能性があり、これは現在スペインで起こっている事象と一致する。

【図 1 – スペイン・セレクションの勢い】
カルトワイン スペインのパフォ―マンス (2019年11月30日~2022年11月30日)

出典 2022年10月31日時点のLiv-exの価格データ。CWI パフォーマンスは四半期ごとに計算しています。ここに描かれた結果は実際の取引に基づくものではなく、カルト・ワインズの顧客に課される年間管理料(ポートフォリオの規模により2.95%から2.25%)は考慮されておらず、投資家の特定のポートフォリオで同様のパフォーマンスを保証するものではありません。

最近のブルゴーニュとシャンパーニュのトップワインの価格高騰を受け、スペインやその他の「新興」地域は、今後 1 年でさらに注目を集める可能性がある。オレゴン州は、ブルゴーニュの生産者からの投資を受け、世界クラスの単一畑のピノ・ノワールとシャルドネの供給源としての地位を確立している。

重要テーマ2:気候変動

気候変動が生産レベル、スタイル、品質の両方に及ぼす影響は顕著なものとなってきている。ボルドーとブルゴーニュはどちらも、2021 年と 2022 年に気候の混乱に直面し、前者は霜と雹、昨年は深刻な干ばつに見舞われた。また、ほぼすべての高級ワイン産地では、ここ数年は平均気温よりも暖かく、収穫は通常の開始時期よりも数日早くなっている。

私たちは、各ヴィンテージへの直接的な影響と、生産者とワインメーカーの適応の両方を注視している。多くのボルドーや一部のトスカーナの生産者は、特定の品種が他のボルドー品種よりも干ばつにうまく対処できるため、ワインにカベルネ フランの割合を増やす傾向も見て取れる。この気候変動からメリットを得るために創意工夫をおこなっている。英国のスパークリングワインもまた、暖かい夏がヴィンテージの一貫性と品質を向上させているもう1つのワインである。2022年の生育期の天候は晴れが続き、すでに多くの肯定的な報道を生み出している。ここ数年で売上が急増し、その勢いに乗ってテタンジェやポメリーなどからの外部投資が加速している。

重要テーマ3:供給価格とリリース価格に対する市場の感度

ヴィンテージの品質、生産レベル、リリース価格は、新しいワインの市場見通しを左右する 3 つの要因だ。 2021 年のブルゴーニュと 2022 年のボルドーの主要なヴィンテージ アン プリムール (EP) キャンペーンでは、このトリオに対する市場の感度が高まると予想されている。これはまた、バイヤーが最も価値のあるワインをどこで見つけるかを再評価するため、流通市場のバックヴィンテージに影響を与え、価値を生み出す可能性があります。

ブルゴーニュは 2023 年初めに 2021 ヴィンテージをリリースする予定で、一部のワインのボリュームは 50% から 80% 減少します。供給不足とブルゴーニュ市場の全体的な強さは、過去よりも高いリリース価格を示しています。品質は産地や生産者によって異なります。つまり、特に 2022 ヴィンテージの品質と量の両方に対する期待が好意的であるため、新しいヴィンテージへの選択的なアプローチが必要です。

【図 2 – フランスのワイン生産量】
フランスで生産されるワインの年間量(ヘクトリットル)(2022年の推定)

出典:アグレステ

一方、ボルドーは2022年のヴィンテージEPを春に発表する予定だ。初期の報告では、干ばつと熱波にもかかわらず、高品質の作物が生産されていることが示唆されています。ただし、量は再び平均を下回る可能性があります。昨年の 2021 EP に対する賛否両論に続き、今年のリリース価格は、地域の見通しを決定する上で大きな役割を果たします。

タイトルとURLをコピーしました