カルトワインズ社 会社概要
カルトワインズはオルタナティブ投資の資産クラスとしてワインに着目し、2007年、トム・ギアリングと フィル・ギアリングにより英国で創業されました。ロンドン、ニューヨーク、トロント、シンガポール、 香港、上海にオフィスを構えます。 本ページは英企業カルトワインズ(https://www.cultwines.com)の日本語公式サイトです。
カルトワインインデックス当該期間損益CAGR
2023年第1 四半期-0.07%-
1年+9.11%-
3年+38.83%+11.56%
5年+43.16%+7.44%
伝統的資産クラスとの比較2023年第1 四半期損益
S&P 500+7.50%
米国債券 iShares7-10y Treasury bond index+3.49%
NASDAQ+17.05%
Gold (USD/oz)+7.87%

高級ワインの信頼性

通常、ワインのボトルの価値は次の要因に基づいています。

  • 需要と供給
  • ブランドの認知度と威信
  • ヴィンテージの品質と数量
  • 評論家の評価
  • 飲み頃の期間
  • 他のワインとの相対的な価値
  • 生産と流通に伴うコスト

これらの内部市場動向は、異なるマクロ経済環境における代替資産投資の多くの目的に適している、ファインワイン価格の主要なドライバーです。ファインワインの主な利点は以下の通りです。

リターンの可能性

投資の主な目的は、投資によるリターンを生成し、富を創出することです。この点において、ファインワインは魅力的な数値を示しています。グローバル・ファインワイン市場の基準となる指標であるCult Wines Global Indexは、2014年初頭以降のワイン価格を追跡し、2023年2月末までのリターンは82.32%であり、複利年率は6.77%に相当します。

図1 – 健全な長期パフォーマンス
カルトワイン・グローバル・インデックスとその他の金融資産との比較

出典: Cult Wines Indices、Wine-Searcherの2023年2月28日時点の価格データ。パフォーマンスは英ポンドで計算されており、他の通貨では異なる場合があります。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

高級ワインの価格が高騰するのはなぜか?

ワイン投資のリターンポテンシャルは、リリース後に時間が経つにつれて供給と需要の不均衡が増大することに由来します。投資対象となるワインは熟成することで改善されるため、飲み頃に近づくにつれて需要が通常は増加します。また、ワインは時間の経過とともに希少性が高まり、ボトルが開封されたり、壊れたり、不適切に保管されたりすることで供給が減少します。減少する供給と増加する需要の組み合わせが価格上昇の主要な要因となります。

拡大するグローバル市場も成長期間を促進する要因となり得ます。アジアなどの新興市場での技術革新とワインへの関心の高まり(飲料としてまたは投資として)が市場により多くの潜在的なバイヤーをもたらす可能性があります。投資対象となる高級ワインの供給量は需要の急増に対応するために容易に増加することができません。世界の一握りの地域だけが優れたワインの産地として認識され、生産レベルは地元の名称規則によって厳密に規制されています。需要の急増と制限された供給により価格が高騰し、需要の高いボトルを保有している人々にとって、ブルゴーニュワインとシャンパンワインのように需要が高いワインで2020年から2022年までの間に強いリターンが得られました(それぞれ31 Dec 2019-31 Dec 2022で+70.12%および+54.08%)。

安定性

高級ワインもその収益率と相対的な安定性を示してきました。上記の図1に示されているように、S&P 500(TR)は2013年以降よりも高い収益を提供しています。時には、商品価格が急騰するなど、他の代替投資も大きな収益をもたらすことがあります。しかし、高級ワインの成長ペースは、多くの主流および他の代替資産よりも低いボラティリティで実現されています。

図2-高級ワインのリターンは、より低いボラティリティをもたらす
金融資産全体の年率換算ボラティリティとリターン(2018年2月28日~2023年2月28日)

出典: Investing.com、Wine-Searcherの2023年2月28日時点のデータ。高級ワイン=Cult Wines Global Index、株式=S&P500(TR)、国債=iShares 7-10 US Treasury Bond、商品=Bloomberg Commodity Index、金=USD/oz.
過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

高級ワインの安定性の基盤となる3つの主要な要因は次のとおりです。

1
リアル・アセット
他の希少なコレクション品と同様に、高級ワインは希少性と消費者製品およびコレクション品としての価値に恵まれており、異なる市場環境下でも需要を支えるのに役立ちます。
2
低い流動性
コレクション品の代替品は通常、主流市場や他の代替品に比べて流動性が低いと特徴付けられます。これは、素早く買い物や売り物をするのが難しいことを意味します。これにはデメリットがある一方で、流動性の低下によって、資産がパニック売却から守られるという利点もあります。高級ワインの保有資産は、マクロ経済見通しが変わったときに同じ程度に売却されることは通常ありません。
3
レバレッジを利用していない
高級ワイン市場はレバレッジを使用していません。したがって、投資家はマージンコールに応じて保有資産を売却する必要がなく、パニック売却の度合いが制限され、下落相場に売却する必要がなくなります。

これらの要因は、主流市場や他の代替品と比較して、有利なリスク調整収益の記録に相当します。高級ワインの高いシャープ比率は、無リスク利子率に対する資産の平均リターンの測定値であり、その波動性に対する相対的なリターンを示すものです。

資産クラス別シャープレシオ(2018年2月28日~2023年2月28日)

株式国債ハイ・イールド債商品高級ワイン
1.14-0.71-0.690.011.29
出典: Investing.com、Wine-Searcherの2023年2月28日時点のデータ。高級ワイン=Cult Wines Global Index、株式=S&P500(TR)、政府債=iShares 7-10 US Treasury Bond、ハイイールド社債=iShares High Yield Corporate Bond、商品=Bloomberg Commodity Index
過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

インフレーション期間中のリアルアセット

高級ワインの成長ペースは、低インフレと高インフレの期間の両方において、インフレ率を上回っており、2022年にもその傾向が見られました。これは、高インフレ期間には、一部の投資家がより高いリスクを負う投資でより高いリターンを追求する傾向があるため、重要です。しかし、ポートフォリオのリスクを高めることが、長期的な投資の優先順位と一致しない場合もあります。そのため、リアルアセットは有用な選択肢となります。

図3 – 高級ワインのリターン
カルトワイン・グローバル・インデックスとCPIインフレ率(2017年12月31日~2022年12月31日)

出典: OECD.com、英国国家統計局、Wine-Searcherの2023年2月28日時点のデータ。実質リターンは、Cult Wines Global Indexの2017年12月31日~2022年12月31日の期間の英国CPIインフレ率を超えるリターンに基づいています。リターンはGBPで計算されており、他の通貨では異なる場合があります。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

なぜ、高級ワインはインフレ率が高い時期にパフォーマンスを発揮できるのか?

ワインがインフレやその他の市場ショック中に安定した価値の蓄積を形成する能力は、収集品としての性質と消費財としての性質から来ています。高級ワインの需要は、市場上の投機以上のものがあります。希少で品質の高いワインは高級な飲料としての内在的な価値があります。

さらに、ワインのボトルを生産するためにかかる関連費用(パッケージング、輸送など)は、ワインの価格に反映されます。そのため、これらの要素の価格がインフレによって上昇する場合、ワインの価格も上昇する傾向があります。ワインの保有は、内在的な価値がより投機的な他の資産よりも、インフレ期間を吸収する可能性が高いです。

低い相関性

ファインワイン保有は、広い金融市場の変動と解離するのに役立ちます。ファインワイン価格の主要なドライバーは、上記に記載されている市場内のダイナミクスです。つまり、価格は必ずしも広いセンチメントに合わせて上下するわけではありません。これは、Cult Wines Global Indexが株式やその他のリスク資産(マクロ経済センチメントが良い時期に投資が上手くいく資産)と負の相関を持つ要因の1つです。

すべての代替投資が同じ多様化を提供するわけではありません。一部の資産は、他のマクロセンチメントとより密接に関連しています。たとえば、石油やその他の商品は、地政学的イベントや経済見通しに直接影響を受けます(低成長の予想は需要が減少するため石油価格が下落することが一般的であり、逆もまたしかりです)。

図4 – 高級ワインは独自の道を歩む
資産クラス別S&P500との5年相関(2018年2月28日~2023年2月28日)

出典: Investing.com、Wine-Searcherの2023年2月28日時点のデータ。高級ワイン=Cult Wines Global Index、株式=S&P500(TR)、政府債=iShares 7-10 US Treasury Bond、社債=iShares High Yield Corporate Bond、商品= Bloomberg Commodity Index、金= USD/oz.
過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

あなたのポートフォリオの相関性は?

従来、債券は、株価が下落すると債券価格が上昇するという古い格言に基づいて、ポートフォリオの60-40を分散化するためのものと見なされてきました。しかし、2つの資産は正の相関関係にある場合もあります。2022年には、両者とも下落し、また、2010年代半ばには中央銀行の刺激策が株価と債券価格の両方を押し上げたことがあります。

株式と債券が正の相関関係にある場合、真の分散化を提供するためには、他の資産を探す必要があります。高級ワインは、株式との相関がなく、一貫したプラスのリターンを持つことから、異なる市場環境での魅力的な分散化資産となります。

カルトワインズでワイン投資を始めるには?

  • 1. 最低投資金額はGBP25,000.00ポンド(約400万円)からポートフォリオの構築が可能です。
  • 2. 日本人専任のポートフォリオコンサルタントにお問い合わせフォームからご相談ください。
  • 3. お客様のリスク許容度に応じてポートフォリオをご提案いたします。
  • 4. 着金日をもって、お客様の運用が開始となります。

過去の収益は将来の収益を保障するものではありません。ワイン市場やその他のマーケットの変動により、損失が生じるおそれがあります。取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。計算は英国ポンドが利用されており、どの通貨を使うかにより計算結果は変動します。カルトワインインデックスは計算上の数字でありお客様の支払われる2.95% to 2.25% の手数料を含んでおりません。またそれぞれのお客様のリスク許容度に応じたポートフォリオを構築しており、上記の数字はお客様の最終的な運用益を保証するものではありません。

タイトルとURLをコピーしました