カルトワインズ社 会社概要
カルトワインズはオルタナティブ投資の資産クラスとしてワインに着目し、2007年、トム・ギアリングと フィル・ギアリングにより英国で創業されました。ロンドン、ニューヨーク、トロント、シンガポール、 香港、上海にオフィスを構えます。 本ページは英企業カルトワインズ(https://www.cultwines.com)の日本語公式サイトです。
カルトワインインデックス当該期間リターンCAGR
2022年4月-6月4.73%-
1 Year 2021年7月-2022年6月19.36%-
3 Year 2019年7月-2022年6月30.10%9.17%
5 Year 2017年7月-2022年6月45.41%7.78%
伝統的資産クラスとの比較2022年 Q2収益
S&P 500-16.10%
米国債券 iShares7-10y Treasury bond index-4.81%
NASDAQ-22.47%
Gold (USD/oz)-4.20%

ボルドー アンプリムール(ワイン先物取引) 2021年のレポート

レポート要約
2021年のボルドーは比較的暖かい冬でしたが、その後、4月上旬の気温は-9℃まで下がり、-4℃以下の夜が3日もあり、緊急事態となるような状況が続きました。その結果、政府はワイン産業を保護するため、10億ユーロの支援金を提供することとなりました。ガロンヌ川の近くにあるブドウ畑は免れましたが、他の畑は生産量の最大35%を失いました。悲惨な春が続きましたが、幸い夏の終わりに向けて8月と9月は日差しに恵まれました。

評論家による試飲会は4月末に行われ、品質とスタイルに前年よりも多くの格差があり、一部のワインにはボディーや香りが欠けていることが目立ちました。ボルドー全体的な評価をすることは困難でしたが、一般的なコンセンサスとして現代のテクノロジーと技術が、2021年のヴィンテージを救う重要な役割を果たしました。

その結果、投資の観点から、評価の高いワインは色々とあり、これまで以上に何をいくらで購入するかの知識がより重要となります。

アンプリムール(ワイン先物取引)メリット
・コロナ明け初の現地にてのアンプリムール(先物販売)
・優先的なアクセス
・瓶詰する前であるため基本的に安く購入できる
・選択するものによっては投資としての可能性

英語版レポートはこちらから

タイトルとURLをコピーしました