カルトワインズ社 会社概要
カルトワインズはオルタナティブ投資の資産クラスとしてワインに着目し、2007年、トム・ギアリングと フィル・ギアリングにより英国で創業されました。ロンドン、ニューヨーク、トロント、シンガポール、 香港、上海にオフィスを構えます。 本ページは英企業カルトワインズ(https://www.cultwines.com)の日本語公式サイトです。
カルトワインインデックス当該期間リターンCAGR
2022年7月-9月3.99%-
1 Year 2021年10月-2022年9月18.48%-
3 Year 2019年10月-2022年9月34.58%10.41%
5 Year 2017年10月-2022年9月48.81%8.27%
伝統的資産クラスとの比較2022年 Q3収益
S&P 500-4.88%
米国債券 iShares7-10y Treasury bond index-6.17%
NASDAQ-4.63%
Gold (USD/oz)-8.15%

CULT WINE INVESTMENT 2022年第3四半期運用レポート

主要な指標

主要な高級ワイン市場は、先行き不透明な経済環境や外国為替市場の激しいボラティリティにもかかわらず、2022年の夏相場をプラスで終えることができました。カルト・ワイン・インベストメントでの第3四半期の収益は+3.99%の収益となり、ベンチマークであるLiv-ex1000の2.68%と比べ良い結果となりました。この結果はカルト・ワイン・インベストメントが選択した各高級ワイン産地の肯定的な数字を背景にしています。シャンパンは毎四半期ごとに力強く上昇し、これまで割安と言われていたイタリアワインへの投資が他の上質なワインのリターンを凌駕し、最終的な良い結果をもたらすことにつながりました。詳細はイタリアイタリアワイン投資レポートを参照ください。

設立2007
総預入額2億8500万ポンド(222年9月)
カルトワインインデックス収益(設定来)205.74パーセント
カルトワインインデックスCAGR(設定来)+8.27パーセント
比較対象ベンチマークLiv-Ex ファインワイン 10002

高級ワイン市場 第3四半期の結果概要

高級ワイン市場は、株式市場をはじめとして不安定な2022年第3四半期に、プラスの利益率をもたらしました。市場で最も広範な指標であるLiv-ex 1000は、第3四半期を2.68%上昇して終了しました。 ワインに対する投資は、経済成長に対する懸念が高まったことにもかかわらず、2022年9月にこの四半期の最高の結果を挙げることで、ワイン市場に底堅さを示すとともに、他の資産クラスとの価格変動に対する相関性が低いことを改めて実証しました。

高級ワインのパフォーマンスは、第3四半期初旬で一時的に減速しましたが、その他の期間を通じてLiv-ex 1000は7月と8月に年初来の月間上昇を記録し、シャンパン50指数は∔8.67%の第3四半期のリターンがほぼ均等に続き、この期間において一貫した収益をもたらしました。

ボルドーワインは9月に2020年6月以来の高値を記録し、第3四半期のリターンを2.49%に押し上げました。シャトー・フィジャックは、待望のグラン・クリュ・クラッセAへの昇格を受け、流通市場価格の急騰を引き起こしました。9月のリリースは、スーパータスカンのマッセートとソライアの大手2019ヴィンテージを含む勢いに拍車をかける事につながりました。

米国とアジアからの需要の急増も、英ポンドの価値の急激な下落により活発な投資活動が見られました。高級ワインの流通市場はイギリスポンド建てで、ポンド安が他の通貨の買い手や投資家の購買力(およびリターンポテンシャル)を高めたことを意味します。

シャンパンの人気度が注目
Liv-ex 1000と地域指数の2022年第3四半期とYTDのリターン

出典:Liv-ex (2022年9月3日 現在)過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

マクロ市場サマリー

インデックスQ3 返品率12ヶ月のリターン3年間のボラティリティ
高級ワイン ※12.68%22.02%4.09%
S&P 500 (TR)-4.88%-15.47%20.30%
FTSE 100 (TR)-2.72%0.90%15.31%
ナスダック-4.63%-25.31%23.78%
MSCIアジア・パシフィック-12.08%-29.56%16.89%
米国債 ※2-6.17%-16.69%7.08%
ゴールド (米ドル/オンス)-8.15%-6.91%14.43%
※1 高級ワイン= Liv-ex 1000, ※2 米国債 = iShares 7-10y 米国債指数
ボラティリティ = 月次リターンのローリング3年間の標準偏差
出典:Liv-ex、2022年9月30日現在 Investing.com。 過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

マクロ市場の動きは、第3四半期の長い期間において不安定なままでした。株式市場は7月に回復に転じましたが、8月と9月、米連邦準備制度理事会(FRB)  が成長促進よりもインフレとの闘いが優先されるとのシグナルを発し、反発は一気に後退しました。

インフレ率は緩和の兆しを見せつつあるように見えましたが、主要国では中央銀行の目標をはるかに上回る結果となりました。米国債10年債利回りは、債券価格の下落が続く中、2008年以来の高水準となっています。

英国の資産は激動の9月に苦しみました。新しい英国首相は、借入金の急増とともに高所得者への減税を規定した「ミニ予算」を発表しましたが、これが逆に英国の財政政策に対する信頼の不安を招き、ポンドの急激な下落、英国の資産全体のボラティリティが高くなることにつながりました。イングランド銀行は、市場の安定化こころんでいますが、ポンド安が続いた状況から、高級ワインを始めとした英国ポンド建て資産が英国外に居住する海外の購入者にとって安くなったことを意味します。

カルト・ワイン・インベストメントの投資結果

カルト・ワイン・インベストメントでは、第3四半期に3.99%の利益を記録し、象徴的なワイン産地のポートフォリオから、過小評価されている新進気鋭のワインまで、幅広いワインへの投資が功を奏し、Liv-ex 1000の投資収益を上回りました。特にイタリアワインは大幅な利益を上げることになりましたが、 ブルゴーニュワインとシャンパンワインは、夏季に幅広い高級ワイン価格上昇が緩和されたにもかかわらず、力強いペースを維持しました。 その結果、第3四半期末時点での2022年の利益は12.49%となりました。

カルトワイン投資パフォーマンス

時代利益率CAGR
2022年第3四半期3.99%
1年間18.48%
3 年35.95%16.60%
5 年34.58%10.41%
設定以来 (2009/10/31)48.81%8.27%
CAGR = 複合年間成長率
出典:2022年9月30日時点のLiv-exの価格データ。カルトワイン投資による分析。 過去の業績は将来のリターンを保証するものではありません

ボルドーワイン市場分析
カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期リターン:1.82% 年初来: 4.92% 

好調な9月を背景に、カルト・ワイン・インベストメントのボルドー・ワインは第3四半期に1.82%の上昇を記録しました。

私たちの期待に沿って、過小評価されたバックヴィンテージは、新しくリリースされた2021年のEPよりもこの地域の成長を牽引しました。この時期の後半に高級ワインに対する米国の需要が急増したことは、ボルドーワイン市場を活性化させることにつながりました。また2005年において大きく成長のシャトー・ ローザン・セグラ は、最も力強い成長の1つを記録しました。

シャトー・フィジャックは9月上旬にグラン・クリュ・クラス・エ・Aに昇格し、ほとんどのバックヴィンテージで活動の急騰と価格上昇を引き起こしました。2015年と2017年のフィジャック・ホールディングスは、それぞれ16.0%と8.9%の強力なリターンをもたらしました。 今年の再分類(10年ごとに行われる)でアップグレードを受けたシャトー他になく、公式のトップティア指定を保持しているのはフィジャックとシャトーパヴィだけです。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. シャトー・ローザン・セグラ, 2005
29.00%
2. シャトー・ラフルール, 2006
22.00%
3. ル・パン、ポメロール,2014
19.00%

ブルゴーニュワイン市場分析
カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期のリターン:5.69% 年初来:28.91%

7月と8月に経験したブルゴーニュ価格上昇は一旦緩和したように見えましたが、この地域の人気度は再び9月に復活し、四半期ごとのパフォーマンスは好調な結果となりました。

象徴的なプロデューサーのドメーヌ・ルロワ は、この四半期に脚光を浴びました。収益の規模が2021年のピークに戻らなくても、象徴的なブルゴーニュワインは、それらが生み出す広範な一貫した需要のために、優れた長期的な可能性を秘めています。 セカンドティアのブルゴーニュワインは、需要が一時的に減少すると、より大きな影響を与える可能性があり、これらの市場セグメントにおける相対的な価値に集中することが重要です。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. ドメーヌ・ルロワ, ヴォーヌ・ロマネ・プレミア・クリュ, オ・ブリュレー, 2013
31.00%
2. ドメーヌ・ミシェル・ニエロン、シュヴァリエ・モントラシェ・グラン・クリュ、2005
10.80%
3. ドメーヌ・ルロワ, ヴォーヌ。ロマネ, オ・ジュナイヴリエール, 2011
9.40%

シャンパン市場分析
カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期のリターン:6.65% 年初来:15.60%

シャンパンは、第3四半期に最も安定した業績を上げ、毎月の価格上昇が好調に推移した地域となりました。カルト・ワイン・インベストメントの生産者市場セグメントへのエクスポージャーは、セドリック・ブシャールのロゼ・ド・ジャンヌ・コート・ド・ヴァル・ビレーヌ2018とエグリー・ウーリエのブリュット・ミレシム・グラン・クリュ2007が強い価格上昇を記録した、素晴らしい結果でこの四半期を終えることとなりました。

将来を見据えると、需給の不均衡と優れたヴィンテージの将来の供給数(2012年、2015年)は暗雲が立ち込めるマクロ経済の背景にもかかわらずシャンパンが上昇し続けるのを助ける事につながると考えています。第4四半期は歴史的にシャンパーニュにとって一年で最も忙しい時期であり、2021年に見られるピークに達しなくても、その価格は持続すると思われます。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. セドリック・ブシャール、ジャンヌ・コート・ド・ヴァル・ヴィレーヌのロゼ、2018
19.80%
2. エグリー・ウーリエ, ブリュット・ミレシム・グラン・クリュ, 2007
19.50%
3. サロン、ル・メスニル・シュル・オジェ・グラン・クリュ、2007
18.00%

イタリアワイン市場分析
カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期のリターン:8.91% 年初来: 14.74%

カルト・ワイン・インベストメントのイタリアワインは第3四半期に素晴らしい結果をもたらすとともに、より広い市場とLiv-ex Italian 100指数という複数のベンチマークを凌駕しました。この素晴らしいパフォーマンスは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、バルバレスコ、スーパータスカンといったイタリアワインのポートフォリオに由来しています。

私たちは、元来、相対的なイタリアワインの価値に魅力を見出し、将来のイタリア市場の成長の可能性を強調してきました。私たちは今後もこの信念を維持し、イタリアのさまざまな地域での購入機会を探しています。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. カサノヴァ・ディ・ネリ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、テヌータ・ヌオーヴァ、2008
36.90%
2. ラ・スピネッタ、バルバレスコ、スタルデリ、2016
29.80%
3. サッシカイア、テヌータ・サン・グイド、ボルゲリ、2016
12.90%

ローヌワイン市場分析
カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期のリターン:2.55% 年初来:7.04%

カルト・ワイン・インベストメントのローヌ・セレクションは、困難な経済背景にもかかわらず、2.55%の緩やかな上昇で、この地域の強力で安定した評判を維持しました。

伝統的な相対的価値の源泉であるローヌは、困難なマクロ経済環境下においても関心を高めることができました。ローヌワインは通常、米ドルの強さとともに購買力が増す米国のバイヤーから強い支持を得ています。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. E ギガル コート ロティ シャトー ダンピュイ, 2010
34.80%
2. シャトーヌフ デュ パプ ルージュドメーヌ ペゴー、2016
17.20%
3. M.シャプティエ エルミタージュ ブラン, 2017
15.40%

その他の地域 – カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期のリターン:2.68% 年初来:7.24%

カルト・ワイン・インベストメントのその他の地域(オーストラリア、チリ、スペイン)は第3四半期に好調なリターンを上げ、3カ月間に減少したLiv-ex ROW 60を上回りました。

スペインで最も象徴的なワインである2006年のベガ・シチリア・ウニコは、3ヶ月間で30.60%の印象的な成長を記録しました。私たちは、優れた品質、長期的な寿命、そして良い価値の魅力的なポートフォリオを提供するため、多くのトップスペインワインの投資可能性を固く信じています。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. ベガ・シチリア, ウニコ, リベラ・デル・ドゥエロ, 2006
30.60%
2. ペンフォールズ, グランジ, 南オーストラリア州, 2011
20.00%
3. アルマヴィーヴァ[2017]コンチャ・イ・トロ、マイポバレー、2008
12.00%

アメリカワイン市場分析
カルト・ワイン・インベストメントの第3四半期のリターン:1.82% 年初来:7.61% 

カルト・ワイン・インベストメントの米国産ワインは 3カ月間で1.82%上昇し、そのほとんどが9月中に上昇しました。

ナパのアイコンであるハーラン・エステートの98ポイント(Wine Advocate)の2004年ヴィンテージは、強力な価格上昇を享受し、当社の業績を支えました。また、オレゴン州産ワインにも注力しており、着実に世界中のオーディエンスを獲得しています。クリストム・ヴィンヤード・マージョリー・ピノ・ノワール2015は、注目すべきパフォーマンスとして登場しました。ウィラメットヴァレーの  Eola-Amity AVAから、クリストムのシングルヴィンヤードのピノ・ノワールとシャルドネは、その価格で信じられないほどの品質が評価されました。 米国ワイン全体の長期見通しは引き続き良好ですが、短期的にはドルの購買力の高まりにより、需要が欧州ワインに傾く可能性があります。

Cult Wine Investmentの注目すべき第3四半期のパフォーマー:
1. ハーラン・エステート, ナパバレー, 2004
24.70%
2. レルムセラーズ、ホウイヴィンヤード、ナパバレー、2016
23.70%
3. クリストム、マージョリー・ヴィンヤード・ピノ・ノワール、エオラ・アミティ・ヒルズ、2015
17.00%

高級ワイン市場全体の見通し

私たちは、高級ワインが引き続き安定性を示し、暗雲の立ち込める経済環境にもかかわらずプラスのリターンをもたらすことができると確信しています。ワイン投信に対するファンダメンタルズは健全であり、高級ワインの投資家やコレクターは、 生活費の懸念や引き締め的な金融政策にもかかわらず、堅調であると考えられます。

ただし、短期的には注意が必要です。 世界経済の成長の鈍化は生活費の問題を強調し、上質なワインの需要を一時的に弱らせる可能性があります。 より広義には、COVID後の世界経済における過剰な現金は金融引き締めとともに姿を変え、株式の売却と金利の上昇は、ワイン投資に対する資金を減少させる可能性をはらんでいます。

これは、景気後退を予想しているという意味ではありません。トップワインは安定しており、優れた長期的成長性に対して影を落としているわけではありません。USドル高はまた、米国および米ドルベースの投資家からの需要を刺激する向上させる可能性があり、それはワイン価格を支えると考えられます。こういったドル高で行き場を失った資金が、ワイン市場を始めとした代替投資へ流れる可能性は高いとみられています。またイタリアや新世界の他の国々の個々のワインは、ますます注目を集めるかもしれません。

地域2022年第3四半期の見通し ※1ハイライト
ボルドー米国からの需要の増加は、最も価値のあるバックヴィンテージへの需要をされらも高める可能性がある
ブルゴーニュ成長は鈍化するかもしれないが、需給はアイコニックワインの価格を支えるとみられる
シャンパンシャンパン市場の伝統的な忙しい年末に近づくにつれて、需要は引き続き強い状態
ローヌ強い米ドルは高級ワインへの需要に拍車をかける可能性がある
イタリア過去1年間で急激な価値の上昇が見られたが今後も勢いを増す可能性があり。
その他の地域新興地域は優れた長期的成長見通しを示しているが、短期的な価格が変動する可能性があるため、忍耐と選択性が鍵となる
アメリカ強い米ドルは国内市場への恩恵が少なく一定とみる

カルトワインズでワイン投資を始めるには?

  • 1. 最低投資金額はGBP25,000.00ポンド(約400万円)からポートフォリオの構築が可能です。
  • 2. 日本人専任のポートフォリオコンサルタントにお問い合わせフォームからご相談ください。
  • 3. お客様のリスク許容度に応じてポートフォリオをご提案いたします。
  • 4. 着金日をもって、お客様の運用が開始となります。

一般的な免責事項:

過去の実績は、将来の成功を示すものではありません。 リターンはGBPで計算され、為替レートによって異なる場合があります。いかなる投資にも、資本の一部または全部の損失のリスクが伴います。カルトワイン 投資 指数は架空のツールです。ここに描かれている結果は実際の取引に基づいておらず、カルトワイン投資の年間管理手数料を考慮に入れていません。投資家の特定のポートフォリオと同様のパフォーマンスを保証するものではありません。

タイトルとURLをコピーしました