カルトワインズ社 会社概要
カルトワインズはオルタナティブ投資の資産クラスとしてワインに着目し、2007年、トム・ギアリングと フィル・ギアリングにより英国で創業されました。ロンドン、ニューヨーク、トロント、シンガポール、 香港、上海にオフィスを構えます。 本ページは英企業カルトワインズ(https://www.cultwines.com)の日本語公式サイトです。
カルトワインインデックス当該期間リターンCAGR
2022年7月-9月3.99%-
1 Year 2021年10月-2022年9月18.48%-
3 Year 2019年10月-2022年9月34.58%10.41%
5 Year 2017年10月-2022年9月48.81%8.27%
伝統的資産クラスとの比較2022年 Q3収益
S&P 500-4.88%
米国債券 iShares7-10y Treasury bond index-6.17%
NASDAQ-4.63%
Gold (USD/oz)-8.15%

イタリアワイン 投資レポート2022

イタリアワイン市場概要

要約: イタリアワインは、フランスのブルゴーニュとシャンパーニュ地方の事情とは異なるマーケットの成長速度を見せていますが、その質の良さから今後も長期的な成長と安定感が期待できます。

イタリアの高級ワイン市場は堅調に推移しており、Liv-exイタリア100指数は12カ月間で15.8%の上昇を示し(2022年7月31日現在)、2020年からの数字を見ると30.7%の上昇を記録しています。 俯瞰的に見ると、2020年にイタリアワイン投資がLiv-exにおいて素晴らしい成績を収めたこの年、フランスワイン投資と比較すると、この地域の市場はブルゴーニュとシャンパーニュの急騰、そしてより幅広いLiv-ex 1000インデックスに後れを取っています。

しかしながら、イタリアは引き続き高級ワインのポートフォリオの一部として成長と安定感を保っています。図1は、イタリアの最近の低パフォーマンスを視野に入れたもので、 長期的に一貫した成長を示しています。

図1 –  長期的なイタリアワイン投資の収益
Liv-ex 1000、Liv-ex  100、イタリア100指数の10年間の収益比較

1年3年10年
イタリア 10015.8%33.1%97.1%
Liv-Ex 100024.3%32.4%95.0%
出典: 2022年7月31日現在のLiv-exの価格データ。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

この長期的な見方は、成長の可能性と安定性という「バランス型」のワイン産地としてのイタリアの姿を描いています。イタリアの成長率は、象徴的なブルゴーニュや米国のトップワインが享受した近年の高値には及びませんが、その収益率のボラティリティははるかに低く (図 2)、収益率はボルドーのような「ゆっくりと安定した」地域を十分に上回っています。

図2 –  5年間の年率換算リターンとLiv-ex地域指数のボラティリティ

出典: 2022年7月31日現在のLiv-exの価格データ。 ボラティリティ = 毎月のリターンの標準偏差。 過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

イタリア市場を牽引しているもの

イタリアワイン市場の相対的な減速の背後にある要因の多くは一時的なものに見えます。特にピエモンテ州とトスカーナ州の主要なイタリアワインの産地では、フランスとカリフォルニア地域が経験したほどの気候変動による被害を受けませんでした。2021 年のフランスでの壊滅的な霜害と2020年のカリフォルニアでの山火事により、販売量が大幅に減少し、これらの地域の価格上昇の一因となっています。

イタリアワインはこのような値段の高騰を経験していませんが、その要因は自然災害による供給制約からくる値段の高騰であり好ましい要因ではありません。そう言った意味においてもイタリアワインは中長期的投資に向く市場であり、またイタリアワインは以下の強い要因からも期待できます。

  • 多様性 – イタリアには、明確なパフォーマンス トレンドを持つ複数の小地域が含まれており、バイヤーが選択できる強いヴィンテージに関してより多くの選択肢があるため、長期にわたって安定した利益を維持するのに役立ちます。
  • 一貫したグローバル需要 – 近年、世界的に強い需要があり、地域市場は中核的な投資地域へと変貌を遂げています。わずか 5 年前、イタリア ワインの月間平均取引シェアはわずか 6.0% でしたが、2022 年には 12% に迫っています
  • これは 2020 年と 2021 年のそれぞれ 15.5% と 15.3% のピークを下回っていますが、その落ち込みは基本的にブルゴーニュとシャンパーニュの大幅な価格上昇によるものであり、価格で取引のより大きなシェアを占めていることを意味します。

イタリアワインは、成長と安定性の両方を求める投資家に利益をもたらすことができる高級ワイン市場の不可欠な要素を持ち合わせています。

カルトワインズ投資パフォーマンス

重要なポイント: カルト・ワイン・インベストメント (CWI) の投資収益は、小地域や生産者の多様化によるものです

カルト・ワイン・インベストメント (CWI) によるイタリアワイン市場での収益性は拡大を続けており、特にイタリア国内の新進気鋭の生産者や新興地域を探すことで多様性を維持するための積極的なアプローチにより、さまざまな期間でイタリア100指数を上回るパフォーマンスを達成しています。

2022年上半期3年5年10年
CWIイタリア5.35%47.83%59.37%175.30%
イタリア 1005.16%33.17%49.07%96.89%
2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

イタリアはもはやスーパータスカンやバローロだけではありません。 当社の5年間の業績(図3)は、  この地域の世界市場が拡大し続ける中、バルバレスコが主導してきました。 スーパータスカンとブルネッロ・ディ・モンタルチーノのワインは、過去 2 年間、バローロが最も好調だった過去 10 年間で好調な成績を収めています。

図3 – バルバレスコによるブースト
イタリアのサブリージョンによるCWIのパフォーマンス(2017年6月30日~2022年6月30日)

出典: 2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

カルト・ワイン・インベストメント (CWI)によるイタリアワイン市場の見通し

重要なポイント: イタリアワインの相対的な価値は、困難なマクロ経済的背景の中で有力的な選択肢になる可能性があります

カルトワインズでは、イタリアワインに対して前向きな見通しを持っています。一般的には懸念されるマクロ経済的背景により、より広い高級ワイン市場の急速な成長ペースが鈍化する可能性がありますが、ワインを始めとする代替資産クラスでは、市場の低迷時に安定した収益を収める実績があり、イタリアワインの特性である成長の可能性と安定性のバランスから、この環境下では魅力的な投資先の選択肢となっています。そのため、イタリアのワインは今後数か月で相対的なパフォーマンスが向上する可能性があるため、イタリアワインへのポートフォリオへの組み込みと保有割合の見直しをお薦めしております。

具体的には、次の要因により、イタリアがポートフォリオに安定性と長期的な成長をもたらす可能性を持つと判断しております。

  • 防衛市場 – イタリアは、市場が低迷した場合でも良好なパフォーマンスを保つ可能性があります。 Liv-ex 1000指数の過去2回の下落(2011-2015年と2018-2020年)では、イタリア100指数はプラスのパフォーマンスを維持しました。

    2011–2015 – ボルドーの景気後退 2019年1月–2020年4月 – ブルゴーニュの統合
    Liv-Ex 1000 -12.3% Liv-Ex 1000 -7.1%
    イタリア 100 9.7% イタリア 100 4.4%
    2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。
    他の市場が不況でも、バルトロ・マスカレッロのバローロ・ワインは健全な価格上昇を見せ、マッセート、ティニャネッロ、ジャコモ・コンテルノ、バローロ・フランシア・カッシーナなどの名前も、有力な利益を伴う防御的な資質を示しました。
    この傾向が続くことは保証されていませんが、イタリアの比較的的な価値と幅広い小地域はすべて有利に働きます。
  • 相対的な価値の向上 – イタリアのワインは、他の高級ワイン産地と比較して、比較的優れた品質をもつにも関わらず、低価格で提供されてきました。そのためブルゴーニュ、シャンパーニュ、カリフォルニアと比較してイタリアワイン市場からの収益は、近年、相対的に低パフォーマンスとなっていましたが、逆の言い方をすると、イタリアワインのトップワインの多くが価格的に投資対象として魅力的に見えることであり、価格が世界の他地域と比較すると値段が十分上昇する可能性があります。(以下の詳細な分析を参照)。
  • バルバレスコからシチリア島へ:注目を集めているサブ地域 – イタリアの魅力を最大限に引き出すためには、さまざまな生産者や地域が不可欠であると考えています。 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとバルバレスコの世界的な認知度は、まだ成長する余地があり、継続的な価格上昇につながる可能性があります。 世界の高級ワインの参加者の中でもまだ定番ではなく、これから伸びていくと考えています。例えば、シチリアのエトナワイン等は、リスクは比較的高いが今後投資として面白いチャンスとなっていくかもしれません。(下記参照)。

ピエモンテの概要

CWI バローロ リターン7.0% 12ヶ月61.4% 5年間
CWIバルバレスコリターン14.5% 12ヶ月90.3% 5年間
2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。
  • カルトワインインベストメントのピエモンテ・ワインは、過去5年間にプラスのリターンを上げてきましたが  、2020年以降スーパータスカンのパフォーマンスを下回っています。バローロの成長は2010年代半ばの好調な時期に比べてペースダウンしてます。
  • バルバレスコのワインは近年、主要な成長源として浮上し、イタリアの他の地域と同様にピエモンテの多様化の必要性が強調されています。
  • 近年、ピエモンテでは選択性が極めて重要になっています。いくつかのワインは途方もない利益が発生しています。

見通し

ローロとバルバレスコの比較的な価値は、トスカーナやブルゴーニュとカリフォルニアの最高の赤ワインと比較して向上しています。これにより、現在の不確実なマクロ環境において魅力的なターゲットになると考えています。

ブルゴーニュはピエモンテと直接比較することはできませんが、ピエモンテとの価格差が劇的に拡大していることは、ピエモンテが、世界的に象徴的な生産者の個々の区画のブドウ園からの世界クラスのワインを探しているバイヤーにとって魅力的に見えることを意味します。図 3 は、厳選された 4 つのブルゴーニュ ワインと 4 つのピエモンテ産ワインの平均価格の差が、過去 2 年間でどのように急増したかを示しています。ピエモンテのワインがブルゴーニュのグラン・クリュほどの価格になることは決してないかもしれませんが、私たちの見解では、この拡大は持続可能ではなく、ピエモンテでの好機を示唆している可能性があると考えています。

図4 – 世界規模でのピエモンテの価値
厳選された象徴的なピエモンテワインと厳選された象徴的な  ブルゴーニュの比較  – 2017、2020、2022

出典: 2022年8月1日現在のワインサーチャーの価格データ。バルトロ・マスカレッロ、バローロの最新10本のヴィンテージに基づく平均。 ブルーノ・ジャコーザ、バローロ、ファレット、ジャコモ・コンテルノ、バローロ、 ジュゼッペリナルディ、バローロ、ブルナーテ、 ドメーヌ・アルマン・ルソー、シャルム=シャンベルタン・グラン・クリュ、ドメーヌ・デュジャック、クロ・デ・ラ・ロシュ・グラン・クリュ、 エマニュエル・ルージェ、エシェゾー・グラン・クリュ、ジャン=クロード・ラモネ、バタール=モントラシェット・グラン・クリュ 過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

ヴィンテージの品質は依然として重要であり、選択の重要性を強調しています。今年のバローロの価格上昇が遅れた要因の1つとして、優れた2015年と2016年と比較して2018年ものの品質がまちまちだったことです。ピエモンテの市場は、2023 年初頭の 2019 ワインを含め、2018 よりも全体的に良いと予想される強力な一連のリリースの恩恵を受けるはずです。

対象ピエモンテ州の生産者:

象徴的なプロデューサーティア 1ライジングスター
ジュゼッペ・リナルディ
ブルーノ・ジャコーザ
ジャコモ・コンテルノ
バルトロ・マスカレロ
ガイア
アルド・コンテルノ
エリオ・グラッソ
ヴィエッティ
ロバート・フォルツィオ
サンドローネ (イタリア)
ブルロット
 E. ピラ
ロアニュナ
ジュゼッペ・マスカレッロ
カッペッラーノ
スピネッタ
マッソリーノ
ジャンパー
パオロ・スカヴィーノ
ボロリ (イタリア)
アゼリア
G.D. ヴァジュラ
ドメニコ・クレリコ
ワックス

トスカーナの概要

CWIリターン23.5% 12ヶ月74.3% 5年間
出典: 2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ  。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。
  • CWIのスーパータスカンワインは、近年のイタリアでのパフォーマンスの先頭を走っています。49.0%の2年間を記録し、一般的の高級ワイン市場(36.0%)  のパフォーマンスを問題なく上回りました。
  • 優れた2015年と2016年のヴィンテージは、最近のパフォーマンスを向上させました。 市場は、今後の2019年と2020年のリリースに注目します。
  • ブランド認知度の向上によって世界のバイヤーが、困難な2018年ヴィンテージなどでも関わらず、Solaia(97 + pts Wine Advocate)など購入することによって。トスカーナのワイン市場にポジティブな影響を与えてます。
CWIパフォーマートップ3 – 2021年6月〜2022年6月 (ワインサーチャーデータ)
1. トゥア・リタ、レディガフィ、トスカーナ 2011
50.40%
2. ティニャネッロ (トスカーナ州) 2014
41.10%
3. サッシカイア、テヌータ・サン・グイド、ボルゲリ 2006
34.40%

見通し:スーパータスカンは、今後数か月間、潜在的にディフェンシブな市場環境に世界的な関心を寄せ続けるでしょう。最近の力強いパフォーマンスの後でも、スーパータスカンは、多くのボルドーやカリフォルニアのボルドーブレンドと比較して魅力的な価値を維持しています (図 5)。

図5 – 最近の上昇後のトスカーナのVアルエ
厳選された主要なスーパートスカーナとボルドーブレンドの価格比較

出典: 2022年8月1日現在のワインサーチャーの価格データ。過去の実績は、将来の結果を保証するものではありません。

多くの生産者が2019年のワインを9月に(ラ・プラス・ド・ボルドー経由で)リリースする予定ですが、初期の報告では高品質のヴィンテージであると言われています。これは、地域市場での継続的なリターンに勢いをつける可能性があります。

今後の9月のトスカーナのリリース (ワインアドボケートスコア)
ソライア 201997ポイント
カイアロッサ 201995ポイント
マッセート 201998ポイント
マッセート・マセティーノ 202095ポイント
ビビ・グレッツ・カラー 202096ポイント
ビビ・グレッツ・テスタマッタ 202095ポイント

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの概要

CWIリターン: 7.4% 12ヶ月42.4% 5年間   
出典:2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ  。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。
  • ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのパフォーマンスは2021年初旬に急上昇し、この1年半にわたってその勢いを保っています。
  • ブルネッロのヴィンテージ – 2015年と2016年の例外的なヴィンテージは、2021年初旬の上昇に勢いを付けました。2022 年初めに、より難しい 2017 ヴィンテージがリリースされたことで、パフォーマンスが緩和されました。
CWIパフォーマートップ3 – 2021年6月〜2022年6月 (ワインサーチャーデータ)
1. ビオンディ=サンティ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2010
46.50%
2. イル・ポッジョーネ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、ヴィーニャ・パガネッリ・リセルヴァ
28.40%
3. カサノヴァ・ディ・ネリ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、セレタルト 2010
25.50%

図 6 – ブルネッロのヴィンテージ品質の影響
CWI ブルネッロディモンタルチーノ公演 – 2020年12月〜2022年6月

出典: 2022年6月30日現在のLiv-exの価格データ  。過去の実績は、将来のリターンを保証するものではありません。

見通し: ブルネッロは魅力的な長期投資オプションではありますが、小さな DOCG の評判はまだ発展途上にあり、センチメントが変化するにつれて価格変動が見られます。ヴィンテージの品質は依然として重要であり、初期の報告によると、2023 年初頭にリリースされる 2018 ヴィンテージは 2017 よりも強く、この地域への関心が高まる可能性があります。

イタリアの新興地域

イタリアワインへの投資は、ピエモンテとトスカーナを超えて地域的に広がり始めています。イタリア半島のワイン造りは何千年も前にさかのぼり、今日では20以上の地域に最大1,000の在来ブドウ品種があります。最近まで、多くの地域では主に安価から中価格のテーブルワインを生産していましたが、今では全国の生産者が少量、高品質、テロワールに焦点を当てた上質なワインに焦点を当てています。

イタリア市場の拡大の証拠は、ピエモンテ – トスカーナのコアだけでなく、すべての地域でのオファーの数の増加にあります。

図 7 –  広範なイタリア進出
地域別のイタリアワインのワインサーチャーオファー

出典:ワインサーチャー( 2022年8月1日 現在)

見通し: 投資としてポートフォリオに購入することを検討すると思われるイタリアの地域には、以下が含まれます。

  • キャンティ – キャンティという名前はおそらく最も有名なイタリアワインですが、キャンティクラシコDOCGは投資志向のバイヤーから注目を集めることはめったにありません。これは主に多くのワインが大量にあるためですが、一部の生産者は、キャンティクラシコグランセレツィオーネDOCGでイゾレエオレナのような高品位で少量の生産に焦点を当てています。
  • エトナ – シチリア島のエトナDOCのワインは非常に流行しています。しかし、最も良い例は、人気のある普通に飲むためのワインだけでなく、この地域が  ユニークな微気候と小さな小包テロワールの恩恵を受けているため、  興味深い投資を行うこともできます。これは、高品質の赤(ネレッロ・マスカレーゼ&ネレッロ・カプッチョから)と白ワイン(カリカンテから)を作り出すための新たな努力と投資に拍車をかけるのに役立っています。トッププロデューサーには、フィロキセラ以前のブドウから赤を作るテヌータ・デッレ・テッレ・ネレ、ベナンティ、イッダ、ピエトルがドルチェです。

カルトワインズでワイン投資を始めるには?

  • 1. 最低投資金額はGBP25,000.00ポンド(約400万円)からポートフォリオの構築が可能です。
  • 2. 日本人専任のポートフォリオコンサルタントにお問い合わせフォームからご相談ください。
  • 3. お客様のリスク許容度に応じてポートフォリオをご提案いたします。
  • 4. 着金日をもって、お客様の運用が開始となります。

一般的な免責事項:
過去の実績は、将来の成功を示すものではありません。 リターンはGBPで計算され、為替レートによって異なる場合があります。いかなる投資にも、資本の一部または全部の損失のリスクが伴います。カルトワイン 投資 指数は架空のツールです。ここに描かれている結果は実際の取引に基づいておらず、カルトワイン投資の年間管理手数料を考慮に入れていません。投資家の特定のポートフォリオと同様のパフォーマンスを保証するものではありません。

タイトルとURLをコピーしました